xxxxx
★お電話は、移動電話 又は 固定電話 リンクお客様の声
 

Windows7トラブル防止対策(参考情報であり保障するものではありません)

@デバック情報の書き込み無効化
起動と回復-7

スタート→コンピュータ(右クリック)→プロパティ→「システムの詳細設定」の順にクリックします。 「システムのプロパティ」ウィンドウが表示されたら、「詳細設定」タブにある「起動と回復」欄の「設定」をクリックします。 「起動と回復」ウィンドウが表示されたら、「デバッグ情報の書き込み」のドロップダウンリストボックスから、(なし)を選択します。

Aダウンロードファイルの削除
ダウンロードフォルダ

「ダウンロード」フォルダーを表示するには、「スタート」メニューの画像の下にあるアカウント名をクリックします。 エクスプローラーが起動してアカウント名のフォルダーが表示されたら、ナビゲーションペインで「ダウンロード」をクリックします。

Bシステムの保護
システムのプロパティ

コントロールパネルの「システム」を開いて「システムの保護」をクリックすると、システムの復元に関する画面が開きます。 「構成」ボタンをクリックすると次の「システム保護対象」が表示されます。

Cシステムの復元を無効化する
システム保護対象

設定の復元を「ファイルの以前のバージョンのみを復元する」を選択した場合、システムの復元の機能は無効になりますが、 削除・上書きしたファイルやフォルダを復元するシャドウコピーという機能は有効にしておくことができます。 「システムの保護を無効にする」を選択した場合、システムの復元もシャドウコピーも無効になります。

すべての復元ポイントを削除する

「ディスク領域の使用量」の「削除」ボタンをクリックします。「続行」、「OK」の順にクリックします。

直近の復元ポイントを除くすべての復元ポイントを削除する

スタート→検索に「ディスククリーンアップ」と入力し、検索結果一覧の「ディスククリーンアップ」をクリックします。 メッセージが表示されたら、クリーンアップするドライブを選択し、「OK」 をクリックします。 「ディスククリーンアップ - <ドライブ文字>」ダイアログボックスで、「システムファイルのクリーンアップ」をクリックします。 メッセージが表示されたら、クリーンアップするドライブを選択し、「OK」をクリックします。 「詳細オプション」タブをクリックし、「システムの復元とシャドウコピー」の「クリーンアップ」をクリックします。 「ディスククリーンアップ」ダイアログボックスで、「削除」をクリックします。 「ファイルの削除」、「OK」の順にクリックします。